忍者ブログ
トヨタL&F西四国株式会社
L&Fってどんな会社? お探しの商品は? サービス体制万全です リクルート お問い合わせはこちら TOP
幸平のTPS改善日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

安全講習にて、フォークリフトの操作手順についてご説明していたときのこと。

エンジンをかけてから発進するまでの手順は大まかに・・・
リフトアップ⇒ティルト後傾⇒ギヤ⇒安全確認⇒サイドブレーキ解除
となります。

ここで、なぜギヤを入れてから安全確認をするの?とのご質問をいただきました。
これには大きく2つの理由があります。1つは、安全確認後に目線がシフトレバーに移動するため、安全確認から発進までに間があいてしまうこと、もう1つは、ギヤを入れればバックブザー等がなり始めるため、周囲に「これからフォークリフトを動かします」という意思を伝えるためです。自分が周囲への注意を払うためだけではなく、周囲の作業者の方にも注意していただくための措置なのです。

フォークリフトが動く場所は車とちがって、歩行者、作業者との距離が短く、それだけ接触しやすいという危険があります。そのため、オペレーターさんだけでなく、周囲の作業者の方も、フォークリフトの特徴をぜひご理解いただき、安全意識を持って作業をしていただきたいと思います。

PR
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
| TOP | 古物営業法に基づく表示 | お問い合わせ | リンク | サイトマップ | プライバシーポリシー |
copyright (c) 2007 トヨタL&F西四国株式会社 .All rights reserved.
忍者ブログ[PR]