忍者ブログ
トヨタL&F西四国株式会社
L&Fってどんな会社? お探しの商品は? サービス体制万全です リクルート お問い合わせはこちら TOP
幸平のTPS改善日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、フォークリフトの前方視界についてのご紹介です。
フォークリフト操作の難しい部分といえば、荷役操作(積み降ろし、積み付け作業)だと思います。特に、パレットにフォークを差し込む際などは、フォークの先端に注意を払いながら慎重に作業するこtが求められます。

新型ジェネオでは、そうした作業を少しでもやりやすくできるよう、フォーク先端を見やすいように工夫しています。運転席からの視界を、従来車と比較してみましょう。

DSCN2129.JPG








上の写真は、従来型フォークリフトの運転席から見た前方視界の写真です。ご覧のように、座ったままではフォーク先端が確認できません。少し身を乗り出す格好にすると・・・

DSCN2130.JPG








ハンドルの合間からフォークの先端が確認できるようになります。しかし、ハンドルやメーター、バックレスト等により、視界良好とはいえません。

新型車では、この点を改良し・・・

DSCN2131.JPG







ご覧のように、運転席に座ったままでもフォーク先端を確認しやすくしています。ハンドルも小さく、視界の妨げにならなくなったほか、バックレスト形状の変更、メーター設置位置の変更等により、広い視界を確保しているのです。

前方視界が広くなったこと、身を乗り出して確認する必要が少なくなったことによって、オペレーター様の疲労や負担を大幅に軽減できると考えられます。また、フォーク先端が見えるという安心感は非常に大きなものとなります。

今日も、当社の営業スタッフが、お客様のところを訪問し、ご説明させていただいていることと思いますので、デモの実施、レンタル等ご要望がございましたら、いつでもご連絡ください!
PR
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
| TOP | 古物営業法に基づく表示 | お問い合わせ | リンク | サイトマップ | プライバシーポリシー |
copyright (c) 2007 トヨタL&F西四国株式会社 .All rights reserved.
忍者ブログ[PR]