忍者ブログ
トヨタL&F西四国株式会社
L&Fってどんな会社? お探しの商品は? サービス体制万全です リクルート お問い合わせはこちら TOP
幸平のTPS改善日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現行型ジェネオが登場して4年目となります。
フォークリフトでも自動車と同じように小改良が重ねられ、機能や品質の向上が図られています。

そんな中、誰にも気付かれないような場所にも変更点があります。
DSCN2123.JPG








上の写真、模型ですが、この角度から見ると、前期型であることが分かるのですが・・・一体どこで見分けるのでしょうか?

正解は、ヘッドガード形状です。
ヘッドガードとは、落下物から頭部を守るため、乗車位置上部に設けられた屋根のことです。その変更点を見てみましょう。

DSCN2121.JPG







これは前期型のヘッドガード形状です。

DSCN2122.JPG







そしてこちらが現行型のヘッドガード形状です。横方向のバーが、前期型が両端まで伸びているのに対し、後期型ではつながっておらず、流線型になっていますね。
ヘッドガードに溜まった水を流すためだそうです。

サービススタッフと話をしていた際に教えてくれた点なのですが、形状が変更されたのは、2008年半ば以降の出荷機台のようです。
形状が変わっても、作業性、安全性に影響がある部分ではありませんが、皆さんの仕事の相棒「フォークリフト」の特徴を見てみるのも面白いのではないでしょうか。

PR
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
| TOP | 古物営業法に基づく表示 | お問い合わせ | リンク | サイトマップ | プライバシーポリシー |
copyright (c) 2007 トヨタL&F西四国株式会社 .All rights reserved.
忍者ブログ[PR]