忍者ブログ
トヨタL&F西四国株式会社
L&Fってどんな会社? お探しの商品は? サービス体制万全です リクルート お問い合わせはこちら TOP
幸平のTPS改善日記
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、アタッチメントのご紹介をさせていただきます。(写真は当社の中古車です)

DSCN1991.JPG








1枚目の写真を見るかぎり、フォークがちょっと長いだけのように見えますね。
もちろん、通常のフォーク作業も問題なく行えます。

しかし、次の写真だといかがでしょうか。

DSCN1992.JPG








ご覧のように、フォークが物を抱え込むような形に曲げることができるようになっています。これは、どのようなときに使う機能なのでしょうか。

正解は、木材などの長尺物を抱え込み、落とさないように安全に運ぶためのアタッチメントです。または、このフォークにバケットを付けて搬送物をすくい、トラックの荷台などに移すような現場でも使われています。そのため、フォークは抱え込む動きだけでなく、下の写真のように物を流し出すような向きにもすることができるのです。

DSCN1993.JPG








当社では、主に木材を扱うお客様、森林組合様や原木市場様、製材業様にご使用いただいており、写真のような2.5トン、前輪ダブルタイヤの仕様が多く見られます。
原木市場様で稼動する様子を見せていただきましたが、オペレータの方はこのフォークリフトを手足のように操作され、原木をサイズごとに振り分けたり、整理をされていました。木のサイズや状態を判断しながら作業されるため、リフトに乗ったり降りたりと、非常に負担のかかる作業だと思いますが、トヨタフォークリフトの低床フロアやクッションシートが、少しでもそういった作業の負担を軽減することができているとすれば幸いです。

今日は「ヒンジドフォーク」についてご紹介させていただきました。
PR
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
| TOP | 古物営業法に基づく表示 | お問い合わせ | リンク | サイトマップ | プライバシーポリシー |
copyright (c) 2007 トヨタL&F西四国株式会社 .All rights reserved.
忍者ブログ[PR]